大鏡建設

MENU

アパート・マンション建築 経営Apartment · Mansion Building Management

大切なのは「入居者に選ばれ続ける」ということ。

一番のお客様は「入居者」です。そして、入居者に「選ばれ続ける」ことが、
オーナー様の幸せにつながります。

大鏡建設では「入居者視点」での設計を大切にし、それが高い入居率につながり
オーナー様の長期的に安定した賃貸マンション経営へとつながっていきます。

賃貸アパート・マンション経営の
メリット

景気に影響されにくい賃貸アパート・マンションの経営は、安定的 かつ 効率的な資産(土地)活用です。

安定収入

長期に渡って安定した家賃収入が見込めます。的確なプランと着実な運用により、有効な資産運用方法となります。

税負担の軽減

固定資産税、相続税、所得税等を軽減できます。大切な土地を、税金の負担を少なくしながら、守り、繋げていくことができます。

資産の継承

地域ニーズの高い建物にすることで資産価値を高め 次の世代へ継承できます。

入居者に「選ばれ続ける」理由

徹底した 「入居者視点」と
「近隣市場環境調査」

大鏡建設では、「入居者視点」と「近隣の市場環境調査」を徹底し、建築プランに反映します。

入居者視点で考える 賃貸アパート・マンションは、 入居者に「選ばれ続ける」アパート・マンションとなり、
オーナー様の長期安定した賃貸アパート・マンション経営へつながります。

最新のニーズ
入居者アンケート
入居契約時および入居後にアンケートを実施。入居者が求めている最新のニーズを常に捉えています。
ニーズを
設計プランへ
入居者アンケートや時代のニーズを考慮しながら、設計プランに反映。物件の集客力を高めます。
マーケティング
近隣の市場環境調査
建築前に、周辺環境や家賃相場、人口動態等を調査。ご計画地に最適なマンションの判断材料をご提供します。
差別化
入居者目線の
マンションへ
最新のニーズ、市場環境調査をふまえ 近隣物件と差別化した物件プランをご提案します。
安定したマンション経営 安定したマンション経営

「選ばれ続ける」=
「高い入居率」維持を実現し、
「オーナー様の幸せ」へとつながります

私たちは、そこが「輝く土地」だと、
わかっています。

私たちは 日々 様々な土地を自らの足で歩き、
周辺環境を肌で感じながら、
その土地の未来を考えています。

そして 突然に あなたのお宅に訪問して
驚かせてしまうことがあります。

でも、私たちが 訪問するのは、
その土地が 必ず輝き、
オーナー様の幸せにつながると
確信しているからなのです。

宮城 栄作

私たちは土地活用コンサルタントのプロとして、お客様に日々提案を行なっています。その提案の中で心がけている事は、信頼関係を築き良いことも悪いことも本音で伝えるということです。

土地活用コンサルタント宅地建物取引士
宮城 栄作Eisaku Miyag
岡部 美沙子

私たちが提案することで幸せにすることができるお客さんは限られています。土地を持っている人全てのニーズに答えることはできないんです。だから、電話を待つでもなく、紹介を預かるのでもなく、土地を見て、訪問させて頂いているのです。

土地活用コンサルタント
岡部 未紗子Misako Okabe

5つのアフターサービス

「建ててから」が本当のおつきあい。

「建てること」を目的としない大鏡建設では、「建ててから」が本当のスタートと考えます。

賃貸経営は数十年にもわたる長期的なものです。

建物の定期点検から
将来にわたった相続・税務に関するサポートまで、
5つのアフターサービスで
オーナー様を責任をもってサポートし、
オーナー様の幸せに寄り添っていきますので
どうぞご安心ください。

5つのアフターサービス 5つのアフターサービス

施工実績

マンションから店舗・施設まで、
弊社で施工した実績の一部をご紹介いたします

お客様の声

他の建設会社と真逆の提案をしてくれたのが斬新でした。

他の建設会社と真逆の提案をしてくれたのが斬新でした。 (豊見城市 K様)

父親が所有している土地を有効活用するためです。 大鏡建設さんのことは、昔、父親が建設業に関わる仕事(個人事業)をしていたので知っていました。

お客様の声へ →

「建築」に関するお問い合わせ

<アパート・店舗・施設の建築ご相談>

098-857-7117

または

0120-711-739

「お部屋探し・ご入居中」のお問い合わせ

<ご入居中のお客様>

ピタットハウス那覇小禄店管理
098-857-1239

<お部屋をお探しのお客様>

ピタットハウス那覇首里店営業
098-887-7522
ピタットハウス宜野湾店営業
098-898-5248

Webでのお問い合わせお問い合わせフォーム →